Android Studioの始め方。インストールから使い方まで。

プログラミングの始め方

この記事(きじ)は、

Android Studio(アンドロイドスタジオ)(はじ)めてみたいけど、どうすればいいの?」

という人向(ひとむ)けの記事(きじ)です。

Android Studio(アンドロイドスタジオ)とは?

Android Studio(アンドロイドスタジオ)は、Android(アンドロイド)アプリケーションを開発(かいはつ)するためのプログラミング環境(かんきょう)です。 Android(アンドロイド)開発元(かいはつもと)であるGoogle社(グーグルしゃ)提供(ていきょう)しています。

Android Studio(アンドロイドスタジオ)利用(りよう)するには、パソコンが必要(ひつよう)になります。

この記事(きじ)では、Windows(ウィンドウズ)パソコンの(れい)について記載(きさい)します。システム要件(ようけん)以下(いか)になります。

項目要件
OSMicrosoft Windows 7/8/10(64-bit)
RAM4GB以上
HDD空容量2GB以上
画面1280×800以上

アンドロイドスタジオのダウンロードとインストール方法(ほうほう)

アンドロイドスタジオのダウンロード

Android Studio(アンドロイドスタジオ)使用(しよう)するためには、まずWeb(ウェブ)ブラウザでAndroid Studioのダウンロードページにアクセスします。

DOWNLOAD ANDROID STUDIO(ダウンロード アンドロイドスタジオ)」((みどり)のボタン)をクリックしてダウンロードを開始(かいし)します。

ダウンロードするには利用規約(りようきやく)同意(どうい)する必要(ひつよう)があります。 チェックボックスをチェックして、「ダウンロードする:ANDROID STUDIO(WINDOWS用)(アンドロイドスタジオ(ウィンドウズよう))」をクリックします。

ダウンロードが完了(かんりょう)するまでしばらく()ちましょう。

アンドロイドスタジオのインストール

ダウンロードが完了(かんりょう)したら、ダウンロードしたファイル(exe(エグゼ)ファイル)を実行(じっこう)してインストールを開始(かいし)します。 インストールには管理者権限(かんりしゃけんげん)必要(ひつよう)です。ユーザーアカウント制御(せいぎょ)のダイアログが表示(ひょうじ)されたら「はい」をクリックしましょう。

Android Studio Setup(アンドロイドスタジオセットアップ)」が起動(きどう)したら、「Next(ネクスト)」をクリックします。

Android Virtual Device(アンドロイドバーチャルデバイス)」にチェックを()れて、「Next(ネクスト)」をクリックします。
※Android Virtual Device…パソコン(じょう)動作(どうさ)するAndroid(アンドロイド)のエミュレータ。

(つぎ)に、インストール(さき)指定(してい)します。 標準設定(ひょうじゅんせってい)から変更(へんこう)しない場合(ばあい)は、「Next(ネクスト)」をクリックしてください。
変更(へんこう)する場合(ばあい)は、「Browse(ブラウズ)..」をクリックしてフォルダを指定(してい)します。

最後(さいご)にスタートメニューに表示(ひょうじ)する(さい)名前(なまえ)指定(してい)して「Install(インンストール)」をクリックします。 もし、スタートメニューに登録(とうろく)したくない場合(ばあい)は、左下(ひだりした)の「Do not create shortcuts(ドゥ ノット クリエイト ショートカッツ)」にチェックを()れましょう。

インストールには(すこ)時間(じかん)がかかるので、()わるまで気長(きなが)()ちましょう。

インストールが()わるまでの(ひま)つぶしに以下(いか)記事(きじ)はいかがでしょうか。 IT(あいてぃー)エンジニアについての情報(じょうほう)記載(きさい)しています。

ITエンジニアになるには? 仕事内容や年収例などを紹介。
ITエンジニアとは、情報技術に関わるエンジニア。プログラミング以外にも、調査や設計、検証などの業務を行う。平均年収は556万円。企業規模や言語によって待遇が異なる。平均残業時間は25時間。ITエンジニアになるためには大学で学ぶのが一番安定。

インストールが完了(かんりょう)したら、「Next(ネクスト)」をクリックします。 「Finish(フィニッシュ)」をクリックして終了(しゅうりょう)です。

アンドロイドスタジオの初期設定(しょきせってい)

Android Studio(アンドロイドスタジオ)起動(きどう)すると、「Data Sharing(データ シェアリング)」が表示(ひょうじ)されます。 Google(グーグル)にデータを送信(そうしん)したくない場合(ばあい)は、「Don’t send(ドォント センド)」をクリックします。

Android Studio Setup Wizard(アンドロイドスタジオ セットアップ ウィザード)」が表示(ひょうじ)されたら、「Next(ネクスト)」をクリックします。

Install Type(インストール タイプ)」は「Standard(スタンダード)」を選択(せんたく)すれば大丈夫(だいじょうぶ)です。
※「Custom(カスタム)」は上級者向(じょうきゅうしゃむ)けです。

(つぎ)に、「UI Theme(ユーアイ テーマ)」(()())を選択(せんたく)します。どちらを(えら)んでも問題(もんだい)ありません。

最後(さいご)に「Finish(フィニッシュ)」をクリックすると、必要(ひつよう)なコンポーネントのダウンロードが(はじ)まります。 ダウンロードが()わるまでしばらく()ちましょう。

この画面(がめん)表示(ひょうじ)されたら初期設定終了(しょきせっていしゅうりょう)です。お(つか)れさまでした。

アンドロイドスタジオの使い方(つかいかた)

Android Studio(アンドロイドスタジオ)使用(しよう)したAndroid(アンドロイド)アプリケーションの作成方法(さくせいほうほう)説明(せつめい)します。

プロジェクトの作成(さくせい)

Android Studio(アンドロイドスタジオ)起動(きどう)したら、「Start a new Android Studio project(スタート ニュー アンドロイドスタジオ プロジェクト)」をクリックします。

()に、「Empty Activity(エンプティ アクティビティ)」を選択(せんたく)して、「Next(ネクスト)」をクリックします。
Activity(アクティビティ)とは、画面(がめん)のようなものと認識(にんしき)しておいてください。

最後(さいご)に、「Name(ネーム)」「Package name(パッケージ ネーム)」「Save location(セーブ ロケーション)」「Language(ランゲージ)」「Minimum SDK(ミニマム エスディーケー)」を入力(にゅうりょく)して、「Finish(フィニッシュ)」をクリックします。
Name(ネーム)…アプリケーション(めい)
Package name(パッケージ ネーム)…パッケージ(めい)(最初(さいしょ)()にしなくて()いです)
Save location(セーブ ロケーション)…プロジェクト保存先(ほぞんさき)フォルダ
Language(ランゲージ)…プログラミング言語(げんご)選択(せんたく)(この(れい)ではKotlin(コトリン)選択(せんたく))
Minimum SDK(ミニマム エスディーケー)…サポートする一番古(いちばんふる)Android(アンドロイド)(4.1か5.0ぐらいでしょうか)

プロジェクトの作成(さくせい)完了(かんりょう)すると、以下(いか)のような画面(がめん)表示(ひょうじ)されます。

プログラムのビルド

「ビルド」とは、プログラム(ソースコード)からアプリケーションを生成(せいせい)する処理(しょり)のことです。作成(さくせい)したプログラムを動作(どうさ)させるためには、(かなら)ずビルドを(おこな)必要(ひつよう)があります。Android Studio(アンドロイドスタジオ)でビルドを(おこな)うには、(うえ)のメニューから「Build(ビルド)」をクリックして、「Make Project(メイク プロジェクト)」をクリックします。

ビルドに成功(せいこう)すると、「BUILD SUCCESSFUL(ビルド サクセスフル)」と表示(ひょうじ)されます。プログラムに不備(ふび)がある場合(ばあい)は、ビルドが失敗(しっぱい)します。ビルドに失敗(しっぱい)した場合(ばあい)は、問題(もんだい)のある個所(かしょ)(ファイル(めい)行数(ぎょうすう))が表示(ひょうじ)されるので、その情報(じょうほう)(もと)にプログラムの修正(しゅうせい)(おこな)いましょう。

AVDの設定(せってい)

AVD(エーブイディー)とは、「Android Virtual Device(アンドロイドバーチャルデバイス)」の(りゃく)で、パソコン(じょう)Android(アンドロイド)動作(どうさ)させるための仮想環境(かそうかんきょう)のことです。
AVD(エーブイディー)設定(せってい)(おこな)うと、Android端末(アンドロイドたんまつ)()っていなくてもAndroid(アンドロイド)アプリケーションの動作確認(どうさかくにん)可能(かのう)です。

一度AVD(いちどエーブイディー)設定(せってい)(おこな)っておけば、(べつ)のアプリケーションを作成(さくせい)する(さい)にも使用(しよう)することができます。

AVD(エーブイディー)設定(せってい)(おこな)うには、画面上(がめんうえ)の「No Devices(ノーデバイセズ)」となっているコンボボックスをクリックして、「Open AVD Manager(オープンエーブイディーマネージャー)」を選択(せんたく)します。

(つぎ)に、「Create Virtual Device…(クリエイト バーチャルデバイス)」をクリックします。

(つづ)いて、端末(たんまつ)定義(ていぎ)選択(せんたく)します。
この(れい)では、「Phone(フォーン)」の(なか)にある「Pixel(ピクセル) 2」を選択(せんたく)しています。 選択(せんたく)完了(かんりょう)したら、「Next(ネクスト)」をクリックします。

(つぎ)に、Android(アンドロイド)のシステムイメージファイルをダウンロードします。 この(れい)では、「API Level(エーピーアイレベル) 30(Android(アンドロイド) 10.0+)」を選択(せんたく)しています。
※3-1で入力(にゅうりょく)した「Minimum SDK(ミニマム エスディーケー)」よりAPI Level(エーピーアイ レベル)(おお)きければ問題(もんだい)ありません。

ライセンス画面(がめん)表示(ひょうじ)されたら、「Accept(アクセプト)」にチェックを()れて、「Next(ネクスト)」をクリックします。

ダウンロードが()わるまでしばらく()ってから、「Finish(フィニッシュ)」をクリックします。

Next(ネクスト)」をクリックします。

AVD(エーブイディー)名前(なまえ)()けて、「Finish(フィニッシュ)」をクリックしたら完了(かんりょう)です。

プログラムの実行(じっこう)

No Devices(ノーデバイセズ)」となっていたコンボボックスで、(さき)ほど作成(さくせい)したAVD(エーブイディー)選択(せんたく)します。 ※Android端末(アンドロイドたんまつ)USB(ユーエスビー)ケーブルで接続(せつぞく)している場合(ばあい)は、ここから選択(せんたく)できます。

コンボボックスの(みぎ)にある三角(さんかく)のボタンをクリックすると、AVD(エーブイディー)起動(きどう)し、作成(さくせい)したAndroid(アンドロイド)アプリケーションが実行(じっこう)されます。
AVD(エーブイディー)起動(きどう)には時間(じかん)がかかる場合(ばあい)があります。しばらく()ちましょう。

さいごに

Android Studio(アンドロイドスタジオ)のインストール方法(ほうほう)および、アプリケーションの作成方法(さくせいほうほう)について説明(せつめい)しました。 この記事(きじ)が、Android(アンドロイド)アプリケーションの開発(かいはつ)興味(きょうみ)がある(かた)のはじめの一歩(いっぽ)になれば(さいわ)いです。

(ほん)ブログでは、「Android Studio(あんどろいどすたじお)以外(いがい)にもWindows(うぃんどうず)アプリケーションを開発(かいはつ)するために必要(ひつよう)開発環境(かいはつかんきょう)である「Visual Studio(びじゅあるすたじお)」のインストールから基本的(きほんてき)操作方法(そうさほうほう)までを解説(かいせつ)した記事(きじ)公開(こうかい)しています。興味(きょうみ)があれば以下(いか)のリンクからどうぞ。

Visual Studioの始め方。インストールから使い方まで。
「Visual Studio(ビジュアルスタジオ)を始めてみたいけど、どうすればいいの?」という人向けの記事です。 インストールから使い方まで、スクリーンショットを掲載して丁寧に説明。 Windowsアプリ開発に興味がある方へ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました