Scratchの始め方。アカウントの作り方や基本操作など。

プログラミングの始め方

この記事(きじ)は、

Scratch(スクラッチ)(はじ)めてみたいけど、どうすればいいの?」

という人向(ひとむ)けの記事(きじ)です。

Scratch(スクラッチ)とは?

Scratch(スクラッチ)は、文字(もじ)ではなく図形(ずけい)でプログラミングを(おこな)うことができる無料(むりょう)のプログラミング環境(かんきょう)です。 専用(せんよう)のツールをダウンロードする必要(ひつよう)はなく、Web(うぇぶ)ブラウザから利用(りよう)することが出来(でき)ます。 アカウントを作成(さくせい)しなくても利用(りよう)することができるため、ちょっと(ため)してみたいと(おも)ったら、すぐに(はじ)められるのが特徴(とくちょう)です。 (すこ)(むずか)しいプログラムを(つく)りたい場合(ばあい)など、途中(とちゅう)でプログラムを保存(ほぞん)しておく必要(ひつよう)()てきた(さい)には、アカウントが必要(ひつよう)になります。

Scratch(スクラッチ)は、図形(ずけい)(もち)いてプログラミングするため、プログラムの構造(こうぞう)視覚的(しかくてき)理解(りかい)しやすいという利点(りてん)があります。 そのため、プログラミングの基本(きほん)である「順次分岐反復(じゅんじ・ぶんき・はんぷく)」の習得(しゅうとく)最適(さいてき)なプログラミング環境(かんきょう)であると()えると(おも)います。 (とく)にプログラミング初心者(しょしんしゃ)や、(ちい)さなお()さんにおすすめしたいプログラミング環境(かんきょう)です。

プログラミングの基本(きほん)である「順次・分岐・反復(じゅんじ・ぶんき・はんぷく)」について(くわ)しく()りたい(かた)は、以下(いか)記事(きじ)をご(らん)ください。

プログラミングの基本となる3つの処理【順次・分岐・反復】とフローチャート
プログラミングって難(むずか)しそうと思(おも)っていませんか?たしかに、最近(さいきん)のゲームなどを見(み)ているとそう思(おも)われるのも仕方(しかた)ないかもしれません。でも、難(むずか)しそうに見(み...

Scratch(スクラッチ)の始め方(はじめかた)

注意(ちゅうい)
本記事(ほんきじ)では、パソコンで実行(じっこう)することを前提(ぜんてい)としているため「クリック」と記載(きさい)しています。 もしタブレット(とう)実行(じっこう)する場合(ばあい)は、「タップ」と()(かえ)えてください。 タブレット(とう)では画面(がめん)のスクロールが必要(ひつよう)になりプログラムの編集(へんしゅう)がやりにくいため、パソコンで実行(じっこう)することをおすすめします。

Scratch(スクラッチ)(はじ)めるには、まずWeb(うぇぶ)ブラウザでScratch(スクラッチ)公式(こうしき)サイトにアクセスします。

公式(こうしき)サイトが表示(ひょうじ)されたら、(うえ)のメニューから「(つく)」をクリックします。

しばらく()つと、Scratch(スクラッチ)のプログラミング環境(かんきょう)表示(ひょうじ)されます。 もし英語設定(えいごせってい)になっている場合(ばあい)は、(うえ)のメニューから「地球(ちきゅう)マーク」をクリックして「日本語(にほんご)」に変更(へんこう)しましょう。 (ちい)さなお()さんが使用(しよう)される場合(ばあい)は、「にほんご」を選択(せんたく)して平仮名表示(ひらがなひょうじ)にすると()いでしょう。

(つぎ)に、Scratch(スクラッチ)使(つか)(かた)(まな)ぶためにチュートリアル動画(どうが)()てみましょう。

チュートリアル動画(どうが)(すこ)説明(せつめい)(はや)いので、一時停止(いちじていし)しながら()ていくと()いでしょう。 チュートリアル動画(どうが)内容(ないよう)真似(まね)することで、簡単(かんたん)操作(そうさ)(おぼ)えることができます。 チュートリアル動画(どうが)再生(さいせい)終了(しゅうりょう)する場合(ばあい)は、右上(みぎうえ)の「×」ボタンをクリックしてください。

チュートリアル動画(どうが)内容(ないよう)は、以下(いか)のようになっております。

ブロックの配置(はいち)

(ひだり)のメニュー(ブロックパレット)にある「ブロック」をドラッグ&ドロップして、画面中央(がめんちゅうおう)のスクリプトエリア(プログラムを記載(きさい)する場所(ばしょ))に配置(はいち)します。 チュートリアル動画(どうが)では、「(うご)」カテゴリの(なか)の「10歩動(ぽうご)かす」をドラッグ&ドロップしています。

ブロックの実行(じっこう)

スクリプトエリアに配置(はいち)したブロックをクリックすると、ブロックに()かれている内容(ないよう)実行(じっこう)できます。 チュートリアル動画(どうが)では、「10歩動(ぽうご)かす」をクリックしています。 画面右(がめんみぎ)のステージエリアに表示(ひょうじ)されている(ねこ)が、(かお)()いている方向(ほうこう)に10歩動(ぽうご)くことが確認(かくにん)できると思います。

ブロックの連結(れんけつ)

ブロックは、パズルのように上下(じょうげ)連結(れんけつ)することができます。 チュートリアル動画(どうが)では、「(おと)」カテゴリの(なか)の「()わるまでニャーの(おと)()らす」を「10歩動(ぽうご)かす」に連結(れんけつ)しています。

ブロックの実行(じっこう)タイミングの設定(せってい)

スクリプトエリアに配置(はいち)したブロックをクリックしてブロックを実行(じっこう)することを(まな)びましたが、イベントを設定(せってい)すると(べつ)方法(ほうほう)でブロックを実行(じっこう)することができます。 チュートリアル動画(どうが)では、「イベント」カテゴリから「(みどり)(はた)()されたとき」を(うえ)連結(れんけつ)しています。

ブロックの並び替え(ならびかえ)

スクリプトエリアに配置(はいち)したブロックをドラッグすることで、ブロックの(なら)()えを(おこな)うことができます。

ブロックの削除(さくじょ)

スクリプトエリアに配置(はいち)したブロックを、(ひだり)のブロックパレットにドラッグ&ドロップすることで、ブロックを削除(さくじょ)することができます。 ブロックの配置(はいち)(ぎゃく)操作(そうさ)ということになりますね。

重要(じゅうよう)ポイント

複数(ふくすう)のブロックを連結(れんけつ)させて動作(どうさ)させてみると、(うえ)から順々(じゅんじゅん)にブロックを実行(じっこう)していることがわかるかと(おも)います。 これは「順次処理(じゅんじしょり)」といって、プログラミングの基本処理(きほんしょり)の1つです。

プログラミングの基本処理(きほんしょり)には、(ほか)に「分岐処理(ぶんきしょり)」と「反復処理(はんぷくしょり)」があります。

Scratch(スクラッチ)での「分岐処理(ぶんきしょり)」は、「制御(せいぎょ)」カテゴリの(なか)の「もし〇〇なら」が該当(がいとう)します。 同様(どうよう)に「反復処理(はんぷくしょり)」は、「制御(せいぎょ)」カテゴリの(なか)の「〇〇()(かえ)す」が該当(がいとう)します。

どのようなプログラミング環境(かんきょう)使(つか)場合(ばあい)でも、「順次処理(じゅんじしょり)」「分岐処理(ぶんきしょり)」「反復処理(はんぷくしょり)」は大事(だいじ)要素(ようそ)となりますので、しっかり(まな)んでいきましょう。

プログラミングの基本(きほん)である「順次(じゅんじ)分岐(ぶんき)反復(はんぷく)」について(くわ)しく()りたい(かた)は、以下(いか)記事(きじ)をご(らん)ください。

プログラミングの基本となる3つの処理【順次・分岐・反復】とフローチャート
プログラミングって難(むずか)しそうと思(おも)っていませんか?たしかに、最近(さいきん)のゲームなどを見(み)ているとそう思(おも)われるのも仕方(しかた)ないかもしれません。でも、難(むずか)しそうに見(み...

アカウントの作り方(つくりかた)

Scratch(スクラッチ)のアカウントを(つく)ると、
(つく)りかけのプログラムを保存(ほぞん)しておく
(つく)ったプログラムを公開(こうかい)する
といったことが出来(でき)るようになります。

Scratch(スクラッチ)ではアカウントを(つく)らなくても色々試(いろいろため)すことができるため、1(にち)では(つく)れないような(むずか)しいプログラムを(つく)りたくなった段階(だんかい)でアカウントを(つく)ると()いでしょう。

アカウントの登録(とうろく)

Scratch公式(スクラッチこうしき)サイトの(うえ)のメニューから、「Scratch(スクラッチ)参加(さんか)しよう」をクリックします。

ユーザ(めい)パスワード入力(にゅうりょく)して、「(つぎ)」をクリックします。

日本(にほん)()んでいる(かた)は「Japan(ジャパン)」を選択(せんたく)して、「(つぎ)」をクリックします。

()まれた(つき)(とし)入力(にゅうりょく)して、「(つぎ)」をクリックします。

性別(せいべつ)選択(せんたく)して、「(つぎ)」をクリックします。

最後(さいご)メールアドレス入力(にゅうりょく)して、「アカウントを作成(さくせい)する」をクリックします。

はじめよう」をクリックして終了(しゅうりょう)です。

サインイン

Scratch公式(スクラッチこうしき)サイトの(うえ)のメニューから、「サインイン」をクリックします。

ユーザ(めい)パスワード入力(にゅうりょく)して、「サインイン」をクリックします。

プロジェクトを作る(つくる)

アカウントを(つく)(まえ)同様(どうよう)に、(うえ)のメニューから「(つく)」をクリックします。 (うえ)のメニューに「Untitled(アンタイトルド)」と表示(ひょうじ)されている箇所(かしょ)があると(おも)います。 ここにプロジェクトの名前(なまえ)入力(にゅうりょく)しておくと()いです。

前回保存(ぜんかいほぞん)したところからの再開(さいかい)

(うえ)のメニューから「(わたし)作品(さくひん)」のアイコンをクリックします。 そうすると、(いま)まで作成(さくせい)したプロジェクトの一覧(いちらん)表示(ひょうじ)されます。

プロジェクト作成時(さくせいじ)入力(にゅうりょく)した名前(なまえ)をクリックした(あと)に「(なか)()」をクリックすると、保存(ほぞん)しておいたプログラムを再度編集(さいどへんしゅう)することができます。

さいごに

Scratch(スクラッチ)は、初心者向(しょしんしゃむ)けのプログラミング環境(かんきょう)です。 もっと本格的(ほんかくてき)にプログラミングを勉強(べんきょう)したいと(おも)われた(かた)は、(べつ)のプログラミング言語(げんご)(まな)んでみると()いと(おも)います。 といっても、プログラミング言語(げんご)非常(ひじょう)にたくさんあるため、どれを(まな)んだらいいか(なや)(おも)います。

以下(いか)記事(きじ)では、プログラミング言語(げんご)一覧(いちらん)特徴(とくちょう)をまとめています。 目的別(もくてきべつ)最適(さいてき)なプログラミング言語(げんご)をまとめていたりしますので、()(とお)して(いただ)けると(さいわ)いです。

人気のプログラミング言語の一覧とその特徴、目的別おすすめもご紹介
この記事(きじ)は、「プログラミング言語(げんご)ってたくさんあるけど、どれを学(まな)んだらいいかわからない」という人向(ひとむ)けの記事(きじ)です。人気のプログラミング言語の一覧とその特徴たくさん...

コメント

タイトルとURLをコピーしました