金銭的負担の少ない転職向けプログラミングスクール5選!【無料もあるよ】

ITエンジニアの始め方
対象ITエンジニアへの未経験転職に興味のある方。
概要金銭的な負担が少なく、転職成功率の高いプログラミングスクールを紹介。
筆者ITエンジニア歴15年以上。
大手企業でも中小企業でもマネジメント経験がある現役エンジニア。
資格も積極的に取得。採用も担当。

はじめに

コロナ禍の影響もあり、給与レベルがそこそこ高く、リモートでも働きやすい「ITエンジニア」になりたいと思う人が増えてきていますね。

  • コロナ禍でも成長した数少ない業界であり、今後も成長が見込める。
  • 今いる業界はコロナ禍で業績が悪化しており、将来に不安を感じる。
  • リモートワークといった「働きやすい環境」を構築しやすいと思う。
  • 自分のスキルひとつで「環境」や「待遇」を手に入れられることに魅力を感じた。
  • 業績が安定している分野なので、自己成長に集中しやすい環境だと思う。
  • もともとIT業界に興味はあったが、オンラインで提供されるサービスを利用することが増え、さらに意欲が上がった。

コロナ禍で急増している「未経験IT就職」の実態

とはいえ、ITエンジニアに転職したいと思っても、様々な不安がありますよね。

例えば、

  • 知識が全くない状態からでも、本当にITエンジニアとしてやっていけるか
  • 高額な授業料を払っても、転職できなかったらどうしよう

などが挙げられると思います。

この記事では、上記の不安を抱えている人向けのプログラミングスクールを紹介します。
※注:絶対解消するとは言い切れませんので、最後はご自身でご判断ください。
※ほとんどのスクールが無料相談可能です。不安を解消してからご入校することをおすすめします。

金銭的負担の少ない転職向けプログラミングスクール5選

ITエンジニアになるためには、大学で情報学を学ぶのが一般的です。

ですが、一度社会に出てから改めて大学で4年間学ぶというのは現実的ではないですよね。そこで出番となるのがプログラミングスクールです。

プログラミングスクールは、短期間でITエンジニアになるための最低限の知識を学ぶことができます。もちろん大学で4年間学ぶのに比べれば知識面では劣ることもあるでしょう。

ただ、大学ではプログラミングや情報学は学んでも「ITエンジニアとしてのモノづくり」そのものを学ぶ機会はあまりありません。そのため、プログラミングスクールで「ITエンジニアとしてのモノづくり」を学べば、情報学部卒の新入社員より立ち上がりが早いということもあり得ます。

また、プログラミングスクールは高額な授業料がネックになることも多いですね。
※大学4年間に比べれば安いですが、それでも結構なお値段ですよね。

そこで、本記事では、金銭的な負担が少ないプログラミングスクールを調査した結果をご報告いたします。もちろん、授業料が安いだけでなく、転職成功率も高いところだけに絞っていますのでご安心ください。

無料! GEEK JOB(ギーク ジョブ)

「え、無料なんてあるの?」とお思いの方もいるかと思いますが、あるんです。

GEEK JOBキャンプでは、転職エージェントと同じように、転職成功時に提携企業から報酬をもらえる仕組みとなっているため無料で運用できているようです。転職が成功しないとスクール側も報酬ももらえないため、ITエンジニアとして転職できるだけのスキルを身につけられるカリキュラムとなっています。

現役エンジニアを対象とした「プログラミングスクールのイメージ調査」でも高評価を獲得しているので、かなりおすすめできるスクールです。

無料である「スピード転職コース」は20代限定なので、20代の方はチャンスですね。GEEK JOB(ギーク ジョブ)の公式サイトは以下のリンクからどうぞ。

GEEK JOB

※ちなみにGEEK(ギーク)とは、「卓越した知識があること、あるいはそうした者を指すアメリカの俗語」です。

転職成功後に支払開始! CODEGYM(コードジム)

なんとも珍しい「出世払い(ISA)」が使用できるプログラミングスクールです。

ただし、全員がISAを利用できるわけではなく、様々な条件がありますので、公式サイトの情報を良くご覧ください。筆者が確認した限りでは、ITエンジニアとして長期間働いていく覚悟が一番重要かなと思います。

「学習の流れ」など、入校後のイメージがしやすいサイト構成となっている点が個人的には評価が高いです。また、カリキュラムに「品質管理」が入っているのもポイントが高いです。というのも、ITエンジニアのキャリアはテストから始まることが多いからです。

CODEGYM(コードジム)の公式サイトは以下のリンクからどうぞ。

CODEGYM

教育訓練給付金制度が使える超大手プログラミングスクール

最後は、超大手のプログラミングスクールです。超大手のプログラミングスクールは、教育訓練給付金制度が使えるのが魅力となっています。

働く方々の主体的な能力開発やキャリア形成を支援し、雇用の安定と就職の促進を図ることを目的として、厚生労働大臣が指定する教育訓練を修了した際に、受講費用の一部が支給されるもの

教育訓練給付制度

超大手は、本当に今までの実績がすごいです。卒業生数が圧倒的ですね。教育訓練給付金制度の対象ということは、国の指定基準を満たす講座が用意されているということなので、学べる内容も文句なしです。安心感が欲しいという方におすすめですね。

教育訓練給付金制度が使えるプログラミングスクールには、以下のスクールなどがあります。

まとめ

金銭的な負担が少なく、転職成功率の高いおすすめのプログラミングスクールを紹介しました。

よくあるご質問

無料のプログラミングスクールなんて本当にあるの?

あります。就職した企業より報酬をもらって運営しているスクールがあります。

知識ゼロからの未経験転職は本当に可能?

可能です。それを可能にするカリキュラムが準備されています。ただし、十分な学習時間と覚悟が必要だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました